Top >  レーシックとは? >  イントラレーシックについて

スポンサーサイト

イントラレーシックについて

近視矯正手術「レーシック」についても、論外ではありません。 作り方が、レーシックは手動、イントラレーシックは機械で作られるといった感じです。 それに、視力が悪ければ悪いほど、深く削らなければならない角膜ですが、レーシックに比べてイントラレーシックの方が深くまで削ることができます。 イントラレーシックの方が、強度の視力回復が可能であるということになります。 症状が、イントラレーシックの場合は発生度が低く済むのも特長のようです。 イントラレーシックも、希望する人間が受けることができるわけではありません。 角膜に異常がある、あるいは角膜移植をしている人、重い糖尿病や出産前後の人、以前に疾患による手術を受けた人などは、受けることはできません。 イントラレーシックが請けられない場合もあるようです。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックに保険は適用されるか?  |  トップページ  |  次の記事 レーシック手術について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。