Top >  レーシックを受ける前に >  レーシックの後遺症について

スポンサーサイト

レーシックの後遺症について

レーシック手術は乱視で長年に渡って苦労してきた人々にとって朗報ともいえる矯正法といえるのではないでしょうか。レーシック手術を受けたことによって視力が回復し、長年お世話になってきたメガネやコンタクトとお別れができた方も多いと思います。 レーシック手術において失敗して失明したりすることは有り得ないといえます。 レーシック手術を受けることで起こる後遺症とはどういったものがのでしょうか。 レーシック手術を受けることで起こる後遺症はいくつかあります。 レーシック手術を受けて数ヶ月程度の間、ある程度の明るさのある光が通常感じるよりも明るく感じられることがあるそうです。 人は、レーシック手術は検討した方がいいかもしれません。 技量不足による乱視、ドライアイ(術後数ヶ月)、フラップが剥がれるといったものがあるようです。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックによって起こる副作用  |  トップページ  |  次の記事 レーシック手術の失敗  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。