Top >  レーシックを受ける前に >  レーシック手術で負うリスク

スポンサーサイト

レーシック手術で負うリスク

レーシック手術を受ける際には担当医から説明を受け、メリットばかりでなく手術によって負うリスクがことも理解した上で手術を承諾することがトラブルを避ける意味でも、身体を守る意味でも重要です。 レーシック手術のみで現場においてもいえることです。 「リグレッション」とはレーシックの手術後に経過とともに視力が近視の状態に戻ることを意味しています。 こうしたことから術後にクリニックが定めた一定の期間内にリグレッションが起こった場合に無料で再手術を行うシステムもありますが、手術で角膜を削ることができない厚さになってしまっている場合には再手術を受けることはできません。 近視や乱視が治るのは確かに嬉しいことですが、安易に手術を受けることなく、こうしたリスクも十分に理解をしておくことが重要です。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシック手術の痛みについて  |  トップページ  |  次の記事 レーシックに関するデメリット1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。