Top >  レーシックを受ける前に >  レーシック手術を誤解しないために

スポンサーサイト

レーシック手術を誤解しないために

レーシックは医療技術であることは間違いありません。 ですが眼科でレーシック手術を受ける際に、ひとつ知っておかなければならないことがあります。 その上でレーシック手術という解釈について誤解をしてはいけないということが重要なのではないかと思います。 ですがレーシックは角膜の屈折異常を矯正することにより回復は望めますが、眼の中の組織構造自体を変えるものではなく、根本的な意味で視力を回復する方法ではないということを理解する必要があります。 レーシックにより視力が回復したとしても、施術前に度の強い近視であった場合には、近視の人がかかりやすいとされる緑内障のような眼に関する病気を患う確率はままということです。 これらのことはレーシック手術を受けることによって起こるものではないのですが、レーシック手術によって状態まで健全になるということといえるでしょう。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシック手術について  |  トップページ  |  次の記事 レーシック手術の痛みについて  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。