Top >  レーシック知識 >  レーシックと眼圧

スポンサーサイト

レーシックと眼圧

レーシックの手術を受けるとそれまでよりも眼圧が下がるという話しを聞いたことがあります。 数値を眼圧といいます。 眼圧が高くなるということです。 眼圧がなにかわかったところでレーシックのお話に戻りたいと思います。 眼圧が低くなるのでしょうか。 眼圧を測定する眼圧計に原因があります。 眼圧は「非接触眼圧計」という測定器で計るのが一般的です。 この測定器は具合で眼圧を計るのですが、ひとつ欠点があり、角膜の厚さに測定値が左右されてしまうのです。 角膜に厚みがあると眼圧が高くなり、薄いと低く測定されるということです。 レーシック手術は角膜を削って屈折率を変える手術なので角膜が薄くなっており、その為に眼圧が低く測定されてしまうのです。 眼圧を測定することがあった場合には、正しい数値を測定する為に検査前にレーシック手術を受けていることを伝えるようにしましょう。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシック再手術の理由  |  トップページ  |  次の記事 レーシック治療が受けられない人  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/21

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。