Top >  レーシック知識 >  レーシック治療が受けられない人

スポンサーサイト

レーシック治療が受けられない人

レーシックにおける角膜の屈折異常の矯正治療は、受けることができるのでしょうか。 レーシックによる治療を受けられない人とはどのような人でしょうか。 い人ですが、自己免疫疾患を持っている人は後遺症が出たりする場合がありレーシック治療には向かない人とされています。 出産して授乳中の場合にはホルモンのバランスが時期にあたるため、角膜の屈折も不安定になること、それにレーシックを受けたとしても施術後に合併症を抑える為に薬剤投与をする可能性もある為、レーシック治療は適当ではないとされています。 他に疾病関係でレーシック治療を受けられない場合を挙げると、ステロイド剤を使用中の方、ケロイド体質の方は治りに悪い影響が出る恐れがある為不可となっています。 場合にもインフォームドコンセント(十分な説明による理解)を本人から得にくいという理由からレーシック治療は受けられません。 その他には手術後といった場合はレーシック治療によって障害につながる恐れが為受け入れを拒否されます。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックと眼圧  |  トップページ  |  次の記事 レーシックと化粧  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/22

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。