Top >  レーシック手術 >  レーシック 術後の不安いろいろ1

スポンサーサイト

レーシック 術後の不安いろいろ1

レーシック手術は目に関する手術なだけに、手術の後で少しでも変わったことがあると不安を感じると思います。ですがレーシックの術後の変化の中には、誰でも感じるものや術後一定期間が経てば自然とおさまるものもあります。 手術を受けても思ったほどの視力を得られない場合があります。 為にレーシック手術を受けた場合、角膜を削ることで以前よりも滑らかになっていることから、ハードタイプのコンタクトを装用した場合に外れやすいといったことが起こるようです。 レーシックの術後に、暗いところでの光が見にくく感じる場合がようです。 方、レーシックで近視や場合に感じることが多いようです。 場合には、レーシックの再手術を受けるか、または運転の時や見にくく感じる時だけメガネを使うといった対処法もあります。 手術を受けた眼科から目薬を処方されており使用している場合には、市販薬を使用する前に必ず担当医師に相談をして下さい。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックの術後の注意点  |  トップページ  |  次の記事 レーシック 術後の不安いろいろ2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/15

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。