Top >  レーシック手術 >  レーシック 術後の不安いろいろ3

スポンサーサイト

レーシック 術後の不安いろいろ3

レーシック手術に関しては、術後それまで視力が回復するという期待がありながらも、目に関わることなだけに、様々な後遺症などの不安もある場合が多いと思います。 レーシックの手術を受ける受けないはあまり関係がなく、あまりにも強い紫外線を裸眼で受けることは目にとってあまり良いこととはいえません。 手術を受けても、視力の回復が思わしくなくメガネが必要になる方もいます。 手術後にメガネがないと手元が見にくいような場合には、クリニックでメガネを貸出している場合もあるようですので相談してみるとよいでしょう。 メガネを処方するのはレーシックの術後1ヶ月以上経ってからにしましょう。 レーシックの術後にそれまでよりも目の乾燥が気になることがようです。 ドライアイと呼ばれますが、手術時に知覚神経が切断されてしまうことで分泌量が減るために起こる症状です。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシック 術後の不安いろいろ2  |  トップページ  |  次の記事 レーシック施術後に白内障になったら?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。