Top >  レーシック手術 >  レーシックに関する裁判2

スポンサーサイト

レーシックに関する裁判2

日本においてエキシマレーザーによる角膜の屈折異常の矯正術であるレーシック手術が認められたのは2000年です。それまで近視矯正においてはRK手術などが主流でしたが、これには専門医の間でも問題視する声もあり、レーシック手術においても医師の技量不足や知識不足から、手術の際に問題が発生し、ついには裁判まで発展してしまったという事例もあったようです。 レーシック手術に関連して起こった裁判の事例にはどんなものがのでしょうか。 日本においてレーシック手術が始まった2000年に大阪地裁においてレーシックに関する裁判が2例あります。 1件目は、レーシックの手術を検討してクリニックを原告に対し、手術を受けることに対して考えられる術後の合併症やレーシックの手術を受けることに対してのメリットばかりをあおり立てて手術を受けることを承諾させ、手術を受けた原告は合併症によりレーシック手術を受ける前よりも視力が落ちたことから賠償を求める請求を起こしたものです。 レーシックの技術レベルは進化しており、こういった事例が起こることはまず考えられませんが、レーシックが導入されたばかりの頃には表沙汰にならない問題が様々にあったようです。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックに関する裁判  |  トップページ  |  次の記事 レーシックの術後の注意点  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/13

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。