Top >  レーシック手術 >  レーシックに関する裁判

スポンサーサイト

レーシックに関する裁判

近年急速に需要が高まってきたレーシック手術ですが、現在のように幅広く認知される以前は問題もあったようです。 近視がひどく仕事の際にもメガネの使用に不便を感じていたA氏(原告)は近視矯正術に関心を持ち、被告となった担当医師の勤務するクリニックに連絡をしてみました。 一度近視の状態をは検査を受けてみてはと検査後にクリニックの医師からカウンセリングを受けたA氏は、RK手術が近視矯正において手術であること、危険性は全くないこと、予約が先々まで詰まっているがたまたま今日キャンセルが出た為今日であれば手術を受けられるなど決断を促されA氏も近視が治るならとこれを承諾し当日手術を受けます。 症状が出たA氏は、以降2度に渡って再手術を受けますが、改善されるどころかさらに後遺症が悪化した為、クリニックや担当医師を相手取り、損害賠償を請求する裁判を起こします。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシック手術の失敗  |  トップページ  |  次の記事 レーシックに関する裁判2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。