Top >  レーシック手術 >  レーシックの再手術について

スポンサーサイト

レーシックの再手術について

レーシック手術による矯正は、視力が回復するものとされています。施術後もおもうような結果が得られず、再手術が必要となる場合もようです。 レーシックで再手術となるのはどういった場合なのでしょうか。 どのような手術かというと、視力を回復するために角膜を削る手術になります。 為に、レーシックの手術では角膜をはじめから大きく削ることはせず薄めに削るということも関係するかもしれません。 そういった事情もあり、レーシックを行うクリニックの大部分では一定の期間を定めてレーシックの再手術において無料で受付けるシステムがあるということです。 レーシックで再手術となった場合には、「イントラレーシック」という、メスではなく機械でフラップを作る新しい施術法を採用することもようです。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシック施術後に白内障になったら?  |  トップページ  |  次の記事 レーシック再手術の理由  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。