Top >  レーシック手術 >  レーシックの術後の注意点

スポンサーサイト

レーシックの術後の注意点

レーシックの手術は、手術さえ受ければそれで以前よりも視力が回復しめでたしめでたしというものでもありません。せっかくレーシックで視力を取戻したのですから、術後も視力を維持できるようにしたいものです。 そこでレーシックの術後に心掛けるべき注意点についてまとめてみたいと思います。 レーシックに限らずどんな手術でもそうですが、術後は検診は受けるようにします。 術後の定期検診は、手術の翌日とその1週間後に必要で、その後は1ヶ月後、3ヶ月後、半年後となり、さらにその後は10年後となっています。 話ですが大切な目を守る為ですのでと診察を受けるようにしましょう。 瞬きの回数を増やす、目に直接風が当らないようにする、目が疲れたと感じたら温かいおしぼりかまたは冷えたおしぼりを当て、目を休める、たまには眼球を遠くを見るなどして目の運動をするといったことが挙げられます。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシックに関する裁判2  |  トップページ  |  次の記事 レーシック 術後の不安いろいろ1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/14

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。