Top >  レーシック手術 >  レーシック施術後に白内障になったら?

スポンサーサイト

レーシック施術後に白内障になったら?

白内障とは耳にしますが、実際にどういった疾患なのかということをご存知でしょうか。 眼の中には水晶体というカメラでいえばレンズの役割をしているものがあります。 この状態を白内障といいます。 白内障の原因は様々なものが挙げられます。 白内障を発症すると、薬剤治療では水晶体の濁りを止めることはできないことから、生活に問題がほどの視力の低下が起こった場合には手術によって水晶体を眼内レンズと取替えることで視力の回復を図ります。 白内障は、レーシックの手術を受けた人でも将来発症する可能性がものです。 時に手術が受けられるのかという不安を感じる方もいるようですが、レーシック手術を受けていても白内障の手術は可能というご安心下さいね。

スポンサーサイト

 <  前の記事 レーシック 術後の不安いろいろ3  |  トップページ  |  次の記事 レーシックの再手術について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

最新イントラレーシック視力回復術
レーシックで豊富な経験をもつ眼科専門医が治療の実績と歴史

品川近視クリニック
品川近視クリニックのドクターはイントラレース社の公認ドクターとして認められています。

視力回復!各種キャンペーンを実施中!
レーシックで世界が変わる

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「レーシック手術で視力回復」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。